早く、早くをなくす方法

前回、子育てのイライラをなくす方法を考えましょう、と書きました。

今回は、「早く、早くを言わないようにしたい。」という悩みを考えてみましょう。

 

早くと言わないための方法を考えてみましょう。

 

一つは、基準をはっきりさせることです。

「早く宿題しなさいと毎日言っていて嫌になるのです。」

というお母さんがいました。

このお母さんに

「早くとはいつまでですか。」

と聞いてみたらこのお母さんは

「うーん。」

と考え込んでしまいました。

 

帰ったらすぐ、夕飯までに、夜寝るまでに、週末だったら金曜のうちなのか、土曜までにするのか。

早くしなさいというあいまいなことではなく、いつまでに、と決めれば、お互いにイライラすることがなくなります。

 

二つめは、子供に予定を教えることです。

小さいお子さんの場合に多いのですが、

「そろそろ帰ろう。」

と言ってもなかなか帰らないことがあります。

そんなとき「早く。」と言ってしまうのですね。

 

そういう場合は予定を示してあげましょう。

公園に着いたときに、

「帰りの歌(夕方になると市役所から流れる音楽)がなったら帰ろうね。」

とか、帰る15分前に

「時計の針が6のところになったら帰ろうね。」

とかです。

 

いきなり「帰ろう。」と言われるよりも子供も心の準備ができますので、すんなり帰れることが多くなります。

 

三つめは、別の言葉で言い換えることです。「早く」の代わりに「はい」を使ってみましょう。

「早く、ご飯食べて。」の代わりに「はい、ご飯食べて。」

「早く、起きて。」の代わりに「はい、起きて。」

 

言っている内容は同じですが、イライラしない言葉で言い換えています。

以前の記事に書いたことと同じですね。

 

どうでしょう。

あなたのお子さんに使えるものはありましたか。

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。