子供が宿題をしない、どうやってべきを書き換えるか。

子供が宿題をしない、宿題は提出するべき、という「べき」があるがこれはどうやって書き換えればいいのか、という質問をいただきました。

 

べきは自分で信じられなくてもいいのです。

とりあえず書いてみましょう。

・子供は元気であればいい。

・宿題はできないことがあってもいい。

・今は宿題よりも優先することがあるかもしれない。

・自分で失敗した方が、気づくことがある。

・宿題を親が言ってさせることよりも、自分で気づいてすることに意義がある。

 

さて、どうでしょうか。

「べき」を書き換えるとだらしなくなるのではないのか、と思いがちですが、書き出してみてどうでしょう。

必ずしもだらしない書き換えばかりではないですね。

 

信じられなくても書いてみる訓練をしてみると、意外といい書き換えに出会うかもしれませんよ。

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。