第三者視点でゆるく書き換える

私は自転車に乗ります。

車道を左側通行していると、対面から自転車が来ます。

ご存じのように自転車は左側通行ですから、右側を走っている自転車が来たわけですね。

 

私は、車道側によけると危ないので、よけません。

向こうもよけませんので私と相手が向かい合って止まります。

向こうは「どうぞ」と言います。

「あなたが車道側によけてください。」という意味ですね。

 

私は思います。

「なぜ、私が車道側によけなければならないのだ。」

「人をどかすのにどうぞだって。」

 

こんな人もいます。

太郎さんは自転車に乗ります。

車道を左側通行していると、対面から自転車が来ます。

太郎さんは対面の自転車をよけながら走り去りました。

 

私は、

「右側を走っている自転車がいるから腹がたつ。」

と思っていますが、太郎さんは右側を走っている自転車がいても腹は立ちません。

なぜでしょう。

 

私は、「自転車は左側を走るべき。」と思っていて、自分の「べき」が満たされないから腹を立てているのですね。

 

人はいろいろな「べき」を持っています。

「一度言ったらわかるべき」

「家の中では静かにすべき」

「子供は早く寝るべき」

「親は子供に公共の場でのルールを守らせるべき」

「夫は妻と対等に家庭責任を果たすべき」

「家の中は片付いているべき」

「努力をするべき」

「母親はこうあるべき」

「父親はこうあるべき」

「妻はこうあるべき」

「夫はこうあるべき」

「何歳の子供はこれができているべき」

「自転車は左側を走るべき」

 

これを第三者視点でゆるく書き換えてみてください。

たとえば、

「世の中には自転車は右側を走るものだと思っている人もいる」

「一度言ってもわからない人がいるので上司(教師)という職業が成り立つ」

という具合にです。

 

べきを書き換えると腹が立たなくなります。

 

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。