「○○してはダメ」より、「○○しようね」

面白い雑誌の記事を見つけたので紹介します。

 

「私たちは、『○○してはダメ』とよく言います。

しかしそれでは子どもは、どうすればいいのかわかりません。

叱るときは、今後どうすればいいのかをきちんと伝えることが大事です。

そのためには、『○○しようね』というのが効果的です。

『廊下を走ってはいけない』ではなく、『廊下は歩こう』というのです。」

出典:「明橋先生の子育てパパ・ママに贈る子どもとの関わり方ワンポイントアドバイス:第5回子どもに伝わる叱り方」、真生会富山病院心療内科 明橋大二、『ぜんほきょう』2014年9月号

(この雑誌は全国保育協議会会報です。市販はしていません。)

 

大人は言えばわかると思いがちで「○○してはダメ」と言い、結果、子どもが言うことを聞かず言ってもわからない、ということになりがちですが、こういうふうにいえばいいんですね。

以前の講座参加者もおもちゃの片付けのときに「おもちゃはここにおやすみなさいしてあげよう」とひとつづつ誘導するとおっしゃってましたがこれと同じですね。

 

こういう記事を読んでいつも思うのですが、私たちは叱り方や怒り方の技術は全く学んでいないということです。

技術を身に付ければ生きるのが楽になるとしみじみ思います。

 

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。