10月25日講座開講しました

10月25日講座開講しました。

参加者が少なく、この回に参加した方にとってはお得な回となりました。

 

講座では、怒りの大きさはそれほど大きくない、怒ってもすぐに切り替えることができる、しかし、頻度が高い場合にどうするか、ということが話題になりました。

 

怒りの頻度が高い場合は「怒りの記録」をつけてください。

毎晩でもいいですし、3~4日まとめて書いてもかまいません。

これは、体質改善の方法であり、アンガーマネジメントの基礎となるものです。

 

書くことは、次のとおりです。

(1)日付

(2)場所

(3)出来事

(4)思ったこと、して欲しかったこと

(5)言動

(6)結果

(7)怒りの強さ(10段階)

 

例えば、次のように書いてみます。

(1)日付:10月28日

(2)場所:会社

(3)出来事:部下が仕事の期日を守らなかったのに「まだ間に合いますから。」などと言って謝らなかった。

(4)思ったこと、して欲しかったこと:間に合うのはこちらが余裕を持って計画を立てているからである。約束が  守れないのであるからまずは謝るべき。

(5)言動:部下には特に注意はしなかった。

(6)結果:1日中腹が立って後にひきずった。

(7)怒りの強さ:2

  

まず、書くだけで効果があります。

皆さんはレコーディングダイエットをご存じですか。

やせようと思ったら毎日、体重と食べたものを記録するのです。

ただ、それだけでやせていくそうです。

「今日は1㎏増えている。昨日は朝はパンとジャムとコーヒー。お昼は天ぷらそば、夜はトンカツと味噌汁。」

などと書きます。

こう書いてみると揚げ物が多く、野菜、果物が少ないのがわかります。

自分の食生活の傾向がわかるので、だんだん、食事に気を付けるようになるというものです。

 

「怒りの記録」もそれと同様、自分が何に怒っているか気づくところから始めます。講座に来る方は怒っているから講座に来ているわけですが、いざ書いてもらうと「思い出せない。」とか場合によっては「あんまり怒っていないかも。」などとおっしゃる人もいます。

まずは、書いてみて、自分が「いつ」「どんなときに」怒っているかをつかんでください。

 

これをどうやって使うかは次回、ご説明します。

 

 

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。