結果は受け入れられるとは限らない

伝わる話し方の続きです。

 

前回まで

伝わる話し方

いつもそうだよね、何万回も言ったよね

感情は一言で

心を入れ替えるのは無理

 

 

伝わる話し方は、事実、感情、提案、結果にわけて話すことが必要です、ということで、最終回の今回は、結果について説明していきます。

前回までと同じくメールの返事が遅い部下と宿題をしないお子さんを例にとります。

 

結果は、その提案が受け入れられた時の気持ちを言えばいいので難しいことはありません。

次のようになります。

 

事実:メールの返信が3日なかったよね。

感情:メールが届いていないかと思って心配していたんだ。

提案:返事をするのに時間がかかるんだったら、受け取りました、だけでも返事をして欲しい。

結果:そうすれば安心するから。

 

事実:まだ宿題をしていないよね。

感情:早くやらないと安心できないよ。

提案:夕飯までにやってくれるかな。

結果:そうすれば安心するから。

 

さて、このように言ってみました。

この後、覚えておく必要があるのは、

「言ったからといって相手が受け入れてくれるとは限らない。」ということです。

自分は自分の言いたいことを穏やかに伝えた、しかし、相手も相手の言い分を穏やかに伝えてきますし、場合によっては穏やかでない方法で伝えてくるかもしれません。

 

せっかく伝わる話し方を学んだのに、と思われるかもしれませんが、これは相手を動かす技術ではありません。

気分よく交渉する技術です。

まずは、やってみてください。

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。