説教して良くなるなら自分に説教したい

「漏れるー」シリーズの最後です。

「漏れるー」

「漏れる―:その2」

ユガミンを探せ

 

授業中のトイレを注意する場合、

「休み時間にトイレに行ったのに、どうしても我慢できない場合もある。

その場合は仕方がないので黙って静かに行ってきなさい。

行くときは、申し訳なさそうな顔をして、帰ってくるときも小さくなって入ってきなさい。」

と言えばいいものを、ついつい

「あなたのためを思って言っているの」

「それでは大学に入れない」

「将来うまくやっていけないのではないか」

などと言いたくなります。

 

「あなたのためを思って」よく聞く言葉ですがどうでしょう。

どうでもよければ注意はしない、は真実ですが、あなたのためを思って注意をしているかというと怪しいものです。

 

だって、イライラしているときに思っているときは

「小馬鹿にされた」

とか

「このクラスは小学生のようなクラスだ。」

とかですから。

 

心理学者の河合隼雄先生がこんなことを言っていました。

「注意して良くなるんだったら、僕は自分に説教したい。

まあ、説教するのは自分が気持ちいいからしてるんだね。」

 

手元に本がないのですが、私の記憶によればこちらの本です。

 

 

 

怒っている時や説教しているときというのは、実はアドレナリンが出ているのです。

だから一時は気分が良くなるのです。

「あなたのため」と言いたくなったら「説教は気分がいい」と思い出しましょう。

 

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。