怒りは無謀を持って始まり、後悔を持って終わる

 ピタゴラスと言ったら何を思い出しますか。

ピタゴラスの定理が有名ですがこんな言葉も残しています。

「怒りは無謀を持って始まり、後悔を持って終わる」

 

 本当にそうですね。

後悔を持って終わらない場合もあるのですが、その場合は、自分が正しいと思っていつまでも思い出し怒りを続けるわけです。

 

 あるいは、相手が反省したのはいいですが、どことなく自分を避けているという

ような場合もあります。

先日紹介した河合隼雄先生の本にもう一つ名言がありました。

 

 「逃げ道を用意している人を大人というんです。

とくに相手を逃げ道のないところに追いこむのは、一番アホのやること。

どこかに花道を与えてやらないかんのですよ。

逃げたら不名誉だけど、花道を六方を踏んで帰ったら格好がつくんやから。」

 

 題名は違いますが、上の本の文庫版がこちらです。

 

 

無謀に始まることのないように、まずは6秒を心掛けましょう。

 

ところで、話しは変わりまして先日、名古屋から出張依頼があったと書きましたが、

立て続けにその後2件の出張依頼がありました。アンガーマネジメントに興味を持って、その中でもオフィス悠々に依頼をと思ってくださる方が増え、うれしい限りです。

その他、独自に企画していることもいろいろあり、今年の秋は忙しくなりそうです。

 

出張講座はまだまだ受け付けております。

ご希望の方はお気軽にご連絡ください。

 

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。