親の意見となすびの花は万に一つの無駄もない

講座では、ある人の言ったことに対して「私もそう!」という意見が出ることがあります。

 

同じような問題意識を持った人が集まるためかもしれませんし、誰かが言ったことで、「そういえば」、と思い出すのかもしれません。

とにかくその講座のキーワードがなんとなくできてくることがあります。

 

先日の武蔵野市の講座のキーワードは「子供は親の言うことをきくべき」でした。

多くの方がこの「べき」をあげました。

 

他の人がやっても気にならないが自分の子供がやったら気になる、どうやら「子供は親の言うことをきくべき」という「べき」が根底にあるようである、という意見がでたのをきっかけに、「子供は親の言うことをきくべき」という「べき」を書きかえてみました。

 

皆さんはどのように書き換えますか。

信じられても信じられなくても結構です。

身近な人でゆるく考えるあの人だったらどう考えるか、と思ってこの「べき」を書きかえてください。

 

講座ではこんな書き換えが出てきました。

  • 子供は親の言うことをきかなくてもよい。
  • 子供には子供の意見がある。
  • 子供には子供の人格がある。
  • 親の意見が正しいとは限らない。
  • 親は子供の話しをまずはきくべきである。

 

また、こんな書き換えもできますね。

  • 親が先回りする必要はない。
  • 自分で痛い目にあえば身に付く。
  • 命に関わることでなければ失敗すればいい。

 

「親の意見となすびの花は万に一つの無駄もない。」ということわざがあります。

子供が思う分には構いませんが(子供の方ではそんなことは思わず「9割がた無駄話だよね。」と思っているかもしれません。)、親の方がこう思っているとイライラして辛くなるかもしれません。

 

皆さんもイライラのもとになる「べき」があったら書き換えてみて下さい。

 

 

武蔵野市の皆様ありがとうございました。

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。