ご感想を紹介します~思考さんの暴走、一次感情、基礎体温他

10月講座のお申込みを開始しました。

 

ここのところの講座参加者の特徴は、講座を受講した友人・知人からのご紹介でご参加くださることが多いこと、講座受講後、自分の会社等での講座の依頼をして下さる方が多いことです。

講座に出た方に満足していただけていることがわかります。

 

最近の受講者のうちでブログ掲載の許可を得た方のご感想をご紹介しましょう。

 

 怒りの対処には方法があることを知ってよかったです。

 本やサイトではわかりづらいことも聞いたり教えていただいて良かったです。

 頭の中に方法をしっかり入れて毎日の怒りから脱出したいと思います。

 時間の長さもちょうどよかったです。

 もっと怒っている人の話しも聞いてみたかったです。

 

 周りの人達の怒りについて聞くこともとても勉強になりました。

 もう少し聞きたかったです。

 

皆さん、怒りっぽくて講座にきているはずなのに最近怒ったことを聞くと「覚えていない」とおっしゃる方も多いです。

覚えていないわけですから大したことでは怒っていないのですが、怒りを管理できていない、とも言えます。

怒りを管理できていない、ということに気づくだけでも収穫がありますが、このような方の多い回だと人の怒りを聞くということが少なくなってしまいやや残念。

こういう場合は、事例を紹介できるようにしていきたいと思います。

 

自分の怒りをもっと分析することが必要だなと思いました。

日記をつけてみようと思います。

それほど重要ではないことに怒っていたのかも?

変わっていければ・・・と思います。

 

怒った、怒っていないだけでなく、怒りに段階があることを知ると大したことではない、というご感想を持つことが多いようです。

 

講座として受けたことを日常生活の中に落とし込むまで少し時間がかかると思いますが1つずつやってみたいと思います。

 

第二段階としての講座があれば受けてみたいです。

 

オフィス悠々では怒りの伝え方の講座を半年に1回程度行っています。

講座のご案内はこのブログかメルマガで行います。

 

怒りの感情(本当の気持ち)に気づくワークをもう少し突っ込んでやってみたかったです(隠された感情に気づく)

 

一次感情に気づくのは難しく、「~して欲しい」と提案になってしまったりします。

この回の講座では一時感情に気づく為に表情の絵を描いてもらいましたが2コマ漫画で複雑なことを「説明」してきた人もいたりして一次感情に気づくのはなかなか難しい、と私も改めて思いました。

 

 

子供と一緒に参加できて良かったです。

一度怒る前に胸をとんとんし抑えながら自分の本当の気持ちを言うように実践しようと思います。

 

お子さんには何かあったら胸をとんとんしてみるということを勧めています。

皆さんのお子さんにも教えてあげてください。

 

こちらは講座後しばらくたってからいただいたご感想です。

 

一次感情に気付く、という点は、 私の最近のキーワード「自分に素直になる」とマッチして、すんなり入ってきました。

とは言うものの、実践としてはまだ難しいので、引き続き心がけていきたいです。

 

思い出し怒り「思考の暴走」について、思い出し怒りをよくする私には、不可解なまま飲み込まれていくこの状況に「思考の暴走」という名前がついたことがとても良かったです。

実際、思い出し怒りの途中で「あ、これは今、思考さんが暴走しているんだな」、「思考さんは今、あの日あの時に行ってしまったけれど、私は今現在を生きているからなー」

と別々に捉えられ、

「あの日あの時、きっと何か(一次感情として)とても嫌な思いをしたんだなあ」

と思うようになりました。

 

また、新しい具体的な収穫としては、基礎体温をつけるようになったことです。

今までは、女性のバイオリズムと怒りの関係は考えるのもタブーのような気がして目を逸らしてきましたが、なぜかすんなり対処法の一つとして、しても良いことと思えるようになりました。

 

思い出し怒りについてはこちらの記事もご覧ください。

思い出し怒りには

去年の年賀状に2円切手を貼ったものが届いたら

 

後半の基礎体温をつけるようになった、ということですが、講座では特に言及していません。

講座に出ていろいろな問題が片付いて、自分で問題解決する力が湧いてきた、というところでしょうか。

こんなふうになれるといいですね。

 

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。