話しを聴くにはオウムになれ

こんなご質問をいただきました。

 

夫が愚痴を言います。

「どう思う。」というから自分の考えを言いますが、「そうじゃない。」と言って怒っています。

どうしたらいいでしょう。

 

 

「意見を言え。」と言うから言ったのに「そうじゃない。」と怒られる、というご質問です。

この場合、ご主人は問題解決は求めていません。

ただ、聞いて欲しいのです。

 

しかし、世の中には人の話しを聞いて「うんうん、そうだよねー。」と言える人もいますが、「それは違うよね。」と批判的に意見を言いたくなる人もいます。

「それは違うよね。」と言ってしまう人は、自分はそうは思わないのに、「そうだよね。」と言って聞いているのは無責任で不誠実な態度である、と思うわけです。

 

そこで、今回は「傾聴」という方法について説明しましょう。

傾聴とは「耳を傾けて相手の話をじっくり聴く」とういうことですが、わざわざ言葉がついていて技術になっているわけですから、それなりの方法があります。

 

まずは、相手の言ったことをオウム返しにしてください。

「今日、会社で部下が、締め切りを破って謝らなかったんだよ。」

「今日、会社で部下が、締め切りを破って謝らなかったんだね。」

「注意したら『これは明日でも間に合います。』と言うんだよ。」

「注意したら『これは明日でも間に合います。』と言ったんだね。」

 

日常生活では、オウム返しというのは使いませんが、実は、オウム返しされると相手は聞いてもらったと思って満足します。

「うんうん、そうだよねー。」と聞いているだけでは聴いてもらった気にならないのです。

そして聴いている方にもこの方法は負担になりません。

オウム返しというのは相手はこう見た、こう思ったということを私は聞きました、と表現しているだけです。

決して相手の意見に賛同しているわけではありません。

 

オウム返しも繰り返してばかりいると鼻につきますので、少し応用編に行ってみましょう。

「そう思ったら勝手に締め切り破らないで、事前に『これは明日でも間に合うので明日に伸ばしていいでしょうか。』と聞くのが当たり前でしょう。

自分の勝手な判断で締め切り破って腹が立つ。

だいたい、謝るのが先、言い訳は後なの、っていうかそもそも謝ってないし。」

「勝手に締め切り破らないで事前に聞いて欲しかったんだね。」

 

相手の言葉をまとめて繰り返してあげましょう。

こうするとあなたのまとめが良かった場合は、気分良く話しを続けますし、相手の言った重要な言葉が抜けてしまった、とか相手の意に添わないまとめ方だと

「それからそもそも謝ってないしね。」

と相手が、ここがこの話しの重要なところなの、というところを追加してくれます。

 

さて、これで相手は一通り満足すると思いますが、「君はどう思う。」と聞かれたらどうしましょう。

この場合は、自分の意見を言うと「そうじゃない。」と言われるからやっかいです。

 

この場合は、相手に質問を返しましょう。

「あなたはどうしたいの。」

そうすると

「言われた時は、急いでいたので、注意もしなかったけど、やっぱり注意したい。」

とか

「あんな奴どうでもいいから注意はしない。」

とか自分で答えが出ます。

 

そうしたらまた、

「注意しなかったけれど注意しなかったんだね。」

とか

「どうでもいいんで、注意はしないんだね。」

とオウム返ししてあげましょう。

 

「どう思う。」

と聞かれたら

「注意したいなら注意してみるといいと思うよ。」

「どうでもいいなら注意しないといいと思うよ。」

と言ってあげましょう。

それでおしまいです。

 

ところで、あなたが

「優先順位の高いものから順に仕事をしていく部下の方が正しいのではないか。」

とか

「どうでもいいなら家で言うな。」

と思っていたとしたらどうでしょう。

 

その場合も

「注意したいなら注意してみるといいと思うよ。」

「どうでもいいなら注意しないといいと思うよ。」

と言ってあげましょう。

 

これは不誠実ではありません。

人間は自分でやってみないとわからないものなのです。

(愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶという言葉もありますが、この際それは置いておきましょう。)

 

まず、自分の思う通りにやってみて、それで

「やっぱりこれでよかった」

とか

「この方法ではいけない」

とか結論が出るのです。

 

格好良く言うと教えるのではなく、相手の中の答えを導き出すのです。

傾聴やってみてください。

 

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

傾聴がうまい人は、それはそれで困ったことが起きるようです。

こちらの記事もどうぞ。