怒らない仕草

先日の足立区での講座のことです。

 

魔法の呪文を教えたとき、「言葉でなくてもいいですか。」という質問が出ました。

 

つまり、行動で、自分が落ち着くことがあればそれをしていいですか、というご質問です。

 

もちろんです。

 

この質問を契機に、

「自分は深呼吸をする」

「(五郎丸ポーズとは違うんだけど)手を合わせている」

などの意見がでました。

 

気を付けてほしいのは、この仕草で、相手に怒りが伝わってはいけない、ということです。

 

貧乏ゆすりをすると落ち着くとか、腕を組むと落ち着くとか、いう人もいるかと思いますが、こういう仕草では自分がイライラしている、怒っていると相手に伝わってしまいます。

 

魔法の呪文は攻撃的でないものがいいのです。

 

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

魔法の呪文はこちらの記事をどうぞ

▼たけのこじゃ仕方ない

▼なんでも100回

▼6秒くらいの、バカバカしい言葉。