ゲージという男

19世紀半ばのアメリカにフィネアス・ゲージという男がいました。

ゲージは鉄道建築技術者の職長で、勤勉で責任感があり、仕事ができて皆に好かれて敬意を集める人物でした。

 

ある日のこと、作業中の事故でゲージの頭に鉄の棒が突き刺さり、頭を貫通しました。

普通ならば死んでしまうところですが、ゲージはかろうじて一命を取り留めます。

 

一命は取り留めたものの、事故後の性格は以前とは全く異なってしまいます。移り気で無計画で、礼儀知らずで頑固なのに気まぐれで、不遜な人物になってしまったということです。

 

ゲージの性格の変化が現在まで伝わっているのは、事故時にゲージを診察したハーロウという医師のお蔭です。

ハーロウは、ゲージの死後、ゲージの家族と手紙をやりとりをし、ゲージのその後の様子を知ります。

また、ハーロウはゲージの脳の損傷部位も記録に残しています。

 

ゲージが損傷したのは前頭葉だとされています。

これが、前頭葉が判断、衝動、展望的記憶を司るということがわかった最初の研究です。

 

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■

前頭葉に関する記事はこちらもどうぞ。