ピーナッツバタートーストを朝食に!

4月に子供が小学校に入学した南京村の茨城豆子さんのお話です。

 

豆子さんが小学校の保護者会に行くと「ピーナッツバタートーストを朝食に!」という会の説明がありました。

豆は豆でも豆子さん、南京豆ではありません。大豆です。

豆子さんのうちの朝食はご飯に納豆と決まっています。

私には関係ないわ、と席を立とうとすると

「ボランティア組織なので話しを聞いていただけませんか。」

 

「イライラの消しゴムにも書いてあったけど『べき』を広げてみるのもいいかしら。

私は朝食は納豆を食べるべきと思っているけどピーナッツバタートーストも悪くないかも。」

豆子さんは話しを聞いてみることにしました。

「ピーナッツバタートーストを朝食に!」の会、いろいろな係りがあるそうです。

耕し係り、水やり係り、収穫係り、皮むき係り、トースト係・・・。

係りが決まるものも決まらないものも出てきます。

 

「係りが決まらない場合はじゃんけんで決めます。」

「ボランティアなのでやりたくない人がいればそれでいいのでは。

例えばピーナッツバターは買ってくるとか、人がいなければいないで仕事を見直したらいかがでしょう。」

「皆さん最初は嫌がるんですが、最後にはお友達もできるしとても良かったとおっしゃるんですよ。

なにより子供達がとっても喜ぶんです。」

「やりたい人はそれでいいですが、やりたくない人にまでやらせるのはいじめでは。」

なかなか豆子さんの意見は通りません。

 

そんなやりとりを見かねたのでしょうか、私がやります、と手をあげた保護者がいました。

 

そんなこんなで係りが決まると会費の話しが始まりました。

今度こそ関係ないわ、と席を立とうとすると

「全員が会員です。」

 

一体なんなのこの団体。

 

アンガーマネジメントを学んだ豆子さんも怒りがわいてきました。

ちなみにアンガーマネジメントは怒らないことではなく、つまらないことでは怒らないこと、怒りは適切に伝えることです。

尚、ピーナッツバタートーストを朝食に!(Peanut butter Toast for Asagohan)、略称はPTAというそうです。

(参考:カワバタヒロトのブログ

 

この会はもちろん任意加入です。

できる人がやればいいんです。

そしてもちろん

「時間はあるけどうちの朝食はご飯に納豆。

ビーナッツバタートーストにはあまり興味がないから参加しない。」

という人がいても構いません。

でも豆子さんの学校のように役員自身も任意加入を知らないということもあるようです。

任意加入については横浜のPTA連絡協議会がわかりやすく説明しています。

こちらを役員に伝えてみてもいいかもしれませんね。

PTAの組織・任意性について~「PTAと任意」~

 

 

こちらもどうぞ。

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■

じゃんけんで割り当てられて嫌々ではなくて、自発的にボランティアをするそんな健康な人たちと集まりたいものです。