お前が悪いんだ

11月12日~25日は女性に対する暴力をなくす運動期間です。

講座後の質問で多い質問に「相手が怒っているときにどうすればいいですか。」というものがあります。

 

どうすればいい、ということの前に、なぜ怒っているのかについて考えてみましょう。

 

さて、ここでいくつかの質問を皆さんにしてみましょう。

あなたに向かって怒っている人を考えてみて下さい。

 

Q1:怒られるのは私が悪いのですか。

Q2:怒っている時は我を忘れているのではないですか。

Q3:怒るのはその人のためを思ってのことですか。

 

答えを考えてみて下さい。

 

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

 

答えを考えましたか。

答えは、いずれも「いいえ」です。

 

A1:怒りはその人の感情なので、例えばあなたが失敗したのを見ても

「怪我はなかったか。」

と心配する人もいれば

「不注意だからこんなことになるんだろう。」

と怒る人もいます。

その人が怒っているのはその人のせいであってあなたのせいではありません。

 

A2:怒った時、我を忘れているわけではありません。

あなたに怒っている人は、上司にはそんなに怒らないでしょう。

人を見て怒りを出したり出さなかったりしているのです。

怒りは弱いところへ向かう性質を持っています。

こちらの記事をご覧ください。

銃を持っているかもしれない

 

A3:あなたのためを思っているわけではありません。

怒っている時は、アドレナリンが出てとても気持ちがいいのです。

気持ちいいから怒っているのです。

 

アドレナリンと怒りに関してはこちらをご覧ください。

怒っているとき、すごく自分に生命力を感じる

アドレナリンと怒りの話し

怒りは人を動かす便利な道具か

 

怒りの性質がわかったところで、怒りを向けられたらどうすればいいかについて考えていきましょう。

怒りを向けられた場合の対処法はすでに書いていますのでこちらをご覧ください。

他人に怒りを向けられたら

イライラの消しゴム新聞でも第4号で取り上げています。

イライラの消しゴム新聞

 

それでは怒りが暴力にまでなったらどうしましょう。

次回、ご紹介します。

 

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。