自分へのべき、他人へのべき

【託児付】アンガーマネジメント入門講座を開催しました。

 

「平日だし、託児付だし女性向け?子供がいなくてもいいの?」というご質問をいただくこともありますが、もちろん構いません。

今回も男性が参加していただきましたし、過去にはご夫婦でのご参加もあります。

 

参加者の許可を得たもについてご感想をご紹介していきましょう。

 

”良い意味でモリモリで良かったです。”

”自分の「べき」を記入する所で気づいたのは、自分が自分に甘いということだった。

子どもや旦那さんには、こうしてほしい、と思うことが思い浮かんだが、自分自身への「べき」が一つも出てこなかった。

他人に何かを変えてもらう前に、自分自身も変わらなければいけないなと感じた。

子どもに対して、ついつい怒ってしまうことが多いが、怒りを感じた時は6秒待って、冷静に考えてから言葉で伝えるようにしていきたい。”

 

”わかっちゃいるけど怒ることはやめられない、と後悔しきりでいましたが、アンガーマネジメントは怒りで後悔しないこと、という根本的な考えに目からうろこです。”

 

”子供が口うるさいことが最近気になっていました。

私の怒りが伝染していることが今日わかり、怒りを断ち切るようにしたいとますます思いました。

書き出してみたら重要でない怒りがほとんどでした。

怒りの日記をつけてみようと思いました。”

 

次回託児付の講座は2月10日(金)に開講です。

保育がなくてもよい方は12月22日(木)に開講予定です。

 

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■

私なぞ自分自身への「べき」は全くなく、参加者から「食事は3食手作りにすべき」「母親は笑顔であるべき」など自分自身への「べき」が出ると感心してしまいます。