おかあさんはおこりんぼうせいじん

今日は、小学校の読み聞かせでこちらの本を読んできました。

 

『おかあさんはおこりんぼうせいじん』

 

お母さんが

「いいかげんにおきなさーい!」

「はやくたべなさい!」

「もちもの?!なんで、まえのひにいわないの!」

等、30くらいの小言が並びます。

子供達が

「いいかげんにおきなさーい!」

 「ふつー」

「はやくたべなさい!」

 「ふつー」

「もちもの?!なんで、まえのひにいわないの!」

 「これはうちは言われないな。」

など返事をしながら聞いていたのが印象的でした。

 

最後、お母さんが抱きしめて終わりになります。

ここのところが、親子だから怒ってもいいとか、愛情があるから怒っているとか、そういうことを正当化してしまいそうな気がして嫌なのですが、とにかく子供達には大受けの本です。

 

テーマを示し合わせたわけではないのですが、もう一人が読んだのはこちらの本。

『教室はまちがうところだ』です。

 

 

こちらは間違うと思ってびくびくしなくてもいいよという本で、子供達を元気づけるとともにおこりんぼうの先生にも読んで欲しい本です。

 

 

■講座のご案内

アンガーマネジメント入門・応用講座お申し込み受付中です。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

■出張講座

皆さんの街に出張します。

お気軽にお問い合わせください。

 

オフィス悠々の本棚

 アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今までも絵本は何冊か紹介してます。

今まで紹介した絵本はこちら。

たけのこじゃ仕方ない

お子さんと読めるアンガーマネジメント

オフィス悠々の本棚もご覧ください。