CCQで指示を出す

お子さんに用があるとしましょう。

「太郎ー、ちょっとこっち来て。」

 

お子さんは来ません。

「太郎ー、ちょっとこっち来て。」

少し声が大きくなります。

 

「太郎ー、早く来なさい!」

 

私たちは怒っているから大声を出す、と思っていますが、大声を出すから怒りが生じるという面もあるようです。

 

怒りを発生させないようには小声で話せばよいようです。

いや、聞こえないようだから大きな声で話しているんですって。

そうではなく、親の方が子供のそばによって話すのです。

そうすれば大きな声は必要ではありません。

 

東京新聞にこんな記事を見かけました。

 

〈ペアレント・トレーニング〉6・子どもがなかなか宿題をしないなら…「CCQ」で指示を出そう

 

Calm(カーム/穏やかに)

Close(クロース/近くで)

Quiet(クワイエット/静かに)

 

のCCQで、「親自身が穏やかに、子どもに近づいて、静かな声で」指示を出すことが大事ということです。