ペアレントトレーニング(4)予告や選択肢をうまく使おう

ペアレントトレーニング(4)何度もガミガミ言うのはイヤ→「予告」や「選択肢」をうまく使おう!

です。

(東京新聞の番号とずれています。私は順番にやっていますが、記事にしていないものもあります。)

子どもに指示を出す時はCCQで指示を出すわけですが、それだけでは動かない場合の声掛けの仕方です。

①予告する

 「〇時になったら~しよう」と予告することで心構えが持てます。

②選択させる

 「AとBどちらがいい。」と選択させます。

③「~したら、~できる」という取り決めをする。

 できたらご褒美を与えます。

④子ども同士の力を利用する。

 好ましい行動をしている子を褒めます。

 

こう書いてみて、うちには「~したら、~できる」という取り決めがなかったなと思いました。

9時には寝させたいのですが、好きなことを先にしてしまうので、「宿題をしたら本が読める」「風呂に入ったらカードゲームができる」ということがなく、好きなことをぎりぎりまでやって8:50から5分で風呂に入るような感じでした。

これを反対にして、8:30から布団に転がりながら本を読むとかカードゲームをするとかにしようと思いました。