ズッキーニ!

文京区男女平等センターで講座を開催しました。

担当の方と連絡を取っている時は気付かなかったのですが、会場に行くと「ここは魚捌き方講座で来たところだ。」と思い出しました。

私が魚の捌き方を教えていたわけではなく、私は教わった方です。

担当の方にその話をしたところ、その講座は名物講座だったらしく、担当の方も覚えていらっしゃいました。

10数年ぶりの邂逅でした。

 

いただいたご意見をご紹介しましょう。

 

  質問の時間がたくさんあって良かったです。

 

聞きっぱなしではなく、聞いて疑問に思ったことを解決できるのは楽しいですよね。

一点、訂正します。

「子供が自分の感情を言葉にできない。」というご質問に対し、「感情カードを使っては。」という回答をしましたが、正しくは「表情カード」でした。

▼表情カードで感情を探れ

 

  

最後の質問をあれば受付けますではなく、質問を1人1コ考えてそれをウェブサイトで返答するとかにして欲しいです。

そしたら今日参加していない方にも役に立つと思う。

 

大勢の中で手を上げて質問するということは勇気がいることですが、リスクを取った人にこそリターンがあります。

質問に回答が得られたのは、リスクを取ったことへのご褒美と思ってください。

しかし、配布資料には私のメールアドレスも書いてありますし、ご質問があったらご連絡ください、とも書いてあります。

ご遠慮なくご連絡ください。

回答はこのブログ上で行います。

 

子供向けのアンガーマネジメント講座があると良いと思いました。

 

私は子供向けのアンガーマネジメント講座も行っていますので、ご希望があればご連絡ください。

▼出張講座のご案内

 

皆さんとのワークもとてもたのしく学びや気づきがあり、良かったと思います!

まさか「ズッキーニ!」になるとは・・・!(笑)

 

 魔法の呪文を聞いたところ「ズッキーニ!」という答えがでました。

魔法の呪文とは何かという方はこちらをご覧ください。

▼上司にタコ踊りをさせよ

▼たけのこじゃ仕方ない

▼なんでも100回 

▼6秒くらいの、バカバカしい言葉。

▼スチャラカチャンチャン

 

なぜ「ズッキーニ!」が魔法の呪文かと言うと、「ズッキーニ!」というと口角があがって、笑顔になるから、ということでした。

 

講座では最後に皆で「ズッキーニ!」と言って、終わりにしました。

 

それでは皆さん「ズッキーニ!」