だからこの大学の学生は

受講者からこのようなご感想をいただきました。

ご本人のご了解を得てこちらで紹介します。

 

・・・・・・・・・

私が学生の時です。

フランス語の授業中、教科書を忘れた学生がいました。

教員は「だから〇〇大学の学生は。」と吐き捨てるように言いました。

この教員は、一流大学から〇〇大学に非常勤で教えに来ていた人です。

 

しかし、事実は違うのです。

書籍部に教科書を買いに行ったところ、書籍部には指定の教科書が並んでおらず「〇〇先生からは教科書の注文を受けていません。」との店員の回答。

そこで自分で注文し、届くのを待っていた状態だったのです。

その頃はまだアマゾンなどなく、書店に注文しても2週間は待たなければならない時代。

その2週間の間の出来事でした。

私は今でもこの「だから〇〇大学の学生は。」が忘れられず、しばしば思い出し怒りを繰り返していました。

 

先日、Facebookでその教員を見つけました。

思い切って、その当時のことをメッセージしてみました。

先生が教科書の発注をしていなかったという事実、自分は大変悔しい思いをしたこと、またむしろ先生が発注しなかったことで私たちは2週間分の学習の機会を失われているということなどです。

しかし、先生はFacebookを見ていないようで、いつまでたっても既読がつきません。

私の方でも「このメッセージを先生に読んでもらってそれでどうしたいんだろう。」と思うとむなしくなり、メッセージの送信を取り消しました。

 

しかし、このメッセージを取り消してから不思議とこの先生のことを思い出すことがなくなり、思い出し怒りがなくなりました。

・・・・・・・・・・

 

相手に言いたいことを手紙に書いてみる。

出さなくていいので書いてみる。

この方の場合は、出してみて、幸か不幸か先生の目には触れなかったので結果的に出さない手紙を書いたことになったのですが、出さない手紙を書いてみる。

このことですっきりして思い出し怒りがなくなる効果があるようです。